様々な方法がある中綴じ印刷|機器の機能に合わせて操作しよう

印刷

名入れグッズの配布を

何かを売り出したいならサンプルを配るのが一番効果的な宣伝ですが、家電やこれから始めるサービスを伝えたい場合はそれは無理な話です。そのときは製品名やサービス名を名入れした販促品を業者に作ってもらって、宣伝として配りましょう。

製本プリントの作成と活用

冊子

製本プリントとは

多くのオフィスにはプリンター、もしくはプリンター機能を搭載した複合機が導入されています。プリンターはパソコンからの印刷指示に応じ出力しますが、プリンターが持つオプション機能の有無により様々な応用印刷が可能になります。その機能の1つが中綴じ印刷です。中綴じ印刷が可能か否かはメーカーに問い合わせるか、プリンターのプロパティ等で確認できます。紙折り丁合い(仕分け)とホチキス機能が必要です。メリットは印刷物が自動で製本、ホチキス止めされた状態で出力される事です。手作業での紙折り等が必要なくなります。例えば1から12ページまで12枚のA4原稿を製本した場合、A3が3枚真ん中で折り曲げられ、真ん中にホチキスされ本の状態で出力されます。本を開くと1から12ページまで繋がっています。縮小印刷機能を併用すれば折ったA4領域にA4、2枚を縮小した状態で印刷する事も可能となります。

活用方法ノウハウ

プリンターや複合機を使った中綴じ印刷の利用目的の多くはプレゼンテーション用の資料作成やエンドユーザーへの報告書作成などに利用されます。例えば建設コンサルタント関係などでは工事の工程表や現場写真などを使った設計書などの用途として多く利用されています。レイアウトの雛形を作成しておけば、その後は簡単に作成する事ができます。また、パソコンなどで作成した文書を印刷して保管しておかねばならないケースなどでも利用されます。例えばA4、12枚原稿を印刷する時には12カウント分の使用料金が必要ですが、中綴じ印刷を利用した場合にはA3両面で3枚、合計6カウントになりA4で12枚印刷に比べ半分のカウント料金で済む事になります。

おすすめ関連リンク

  • お得に中綴じ印刷!オンライン注文の印刷会社ナビ

    サービスの特徴に関することが紹介されているので、中綴じ印刷の情報が知りたいと思っているならこちらを拝見してみるといいでしょう。

印刷物の経費を下げるなら

どんな会社もコストダウンは重要ですから、名刺などの印刷物も見直してみると良いでしょう。コストダウンには色々な方法がありますが、印刷会社のデータを利用したり、ネット印刷でデータ入稿という方法を取るのもお勧めです。

仕事で活躍します

仕事で使うのなら小型の卓上カレンダーが向いています。あらゆる用途で使いやすいように配慮した作りになってるので、使ってる人も多いです。ネットやお店で気軽に買えますし、好きな写真が入れられる卓上カレンダーもあります。